スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Hobo whittling workshop and Wooden Treasure box

10月のオトナのアートクラス“アーティカフェ”は、木工で宝箱を作りました。

木工にちなんで、ホーボー作家であるディビッド氏を招待し、特別クラスを開講しました。

ホーボーは、ホイッスルやクリスマスオーナメントなどを木彫りで作る技法です。

戦争後に傷ついた兵士のセラピーや手仕事を身につけるために、生まれた工芸技法だそうです。

ジェントルマンのディビッド氏と、ほのぼのしたレクチャー、みなさん楽しんで制作しました。

During October 's adult art class "Arty Cafe", we made treasure boxes from wood.
After the woodworking was completed, we had a special workshop with David-san who is a Hobo artist.

It is quite a sensitive carving technique.
Hobo whittling is a technique often used to make whistles and seasonal ornaments from wood.
This crafting technique was very therapeutic and originated from returning skilled labourers after a war.
David-san gave us a very gentle and a warm hearted lecture, so we all enjoyed trying it.

 

 

↑こちらはディビット氏の作品、ホーボーホイッスル。

These crafts are examples of “Hobo whittling” by David.

 

 

 

宝箱も、みなさんそれぞれ個性的で素敵な作品ができました。

Our students also made these treasure boxes with Stephen.

 

  

 

 

 

JUGEMテーマ:アートワークショップ

スポンサーサイト

コメント